本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

AGAの治療treatment

最も効果的なAGA治療安心

フィナステリドとミノキシジルの併用で育毛効率アップ!

 プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド配合薬には、抜け毛を防止する効果があり、ミノキシジルには、発毛を促す効果があります。

 つまり、フィナステリド配合薬とミノキシジルを併用すれば、抜け毛を防止しながら、同時に発毛促進効果を得られることになるのです。

 また、ミノキシジルは薄毛に即効性があるといわれる反面、AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛ホルモンには作用しないといわれ、効果が長続きしない傾向にあるようです。その意味でも、即効性のあるミノキシジルとDHTへ直接作用するプロペシアを併用することが最も効果的であるといわれ、アメリカでは最も一般的な治療法となっています。国内のAGA治療専門医院でもミノキシジルとフィナステリドの併用治療が奨められています。


フィナステリド配合薬↓↓↓
フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ
プロペシア(イギリス版)1mg


ミノキシジル配合薬↓↓↓
(ヤマト便)ジェンヘアー ミノキシジル5%ローション(Genhair M5)
ミノキシジル5%+アゼライク酸2%+αローション [NR-07]
ロゲイン5%
女性用ロゲイン2%
ミノキシジルタブレット10mg
ミノキシジルタブレット5mg


AGA治療の基本薬剤@ プロペシア

安全

 プロペシア( 一般名:フィナステリド) はFDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で1998年に1月21日より処方開始されました。
世界60ヶ国以上で販売されている「経口育毛剤」で、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
 国内でも2005年に12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では13,000の医療機関で髪に悩む人に処方されています。
プロペシアを入手するためには、リアップなどの一般市販薬品とは違い医師の処方箋が必要となります。

現在はより低価格なジェネリック医薬品フィンペシアも製造されています。


AGA治療の基本薬剤A ミノキシジル

安心

 発毛・育毛成分のミノキシジルは、日本でも大正製薬から1%を含有する外用発毛剤「リアップ」として発売されています。もともとは1970年代後半に経口血圧降下剤として米国で開発され使用されました。
 しかし、その副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。
 ミノキシジルは脱毛抑制のプロペシアと異なり、直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早める働きをします。


AGAの治療法

 AGA(男性型脱毛症)は「進行する脱毛症」です。硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、薄毛、毛量の全体的な減少などが次第に進んでいきます。

 AGA治療で処方されるプロペシア(一般名:フィナステリド)は、そのような進行する脱毛を食い止める働きをします。また、毛母細胞の働きを活性化するミノキシジルを中心に、ストレスや睡眠、食事、喫煙などを改善し、積極的にビタミン、ミネラルなどを摂取することで、発毛を促します。


フィンペシア.comフィンペシア.com