本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

ミノキシジルとはminoxidil

ミノキシジルとは

 ミノキシジルとは、血管拡張剤の一種で、体内の血管を拡張し、血流を促進する働きがあります。

もともとは血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でしたが、投薬された患者の多くに多毛症が見られたことから、発毛効果を有していることが判明し、後に正式に育毛成分として研究され、1980年代、米国の『アップジョン社(現ファイザー社)』の手によって2%濃度の発毛剤『ロゲイン』として販売されることとなりました。

このロゲインを皮切りに、現在までにさまざまなミノキシジル系発毛剤が開発・販売されており、日本では『リアップ』が代表的なミノキシジル医薬品として販売されています。


ミノキシジル日本進出の経緯

安全

 アップジョン社が開発・販売したロゲインは、それまでAGA(男性型脱毛症)などで悩んでいた多くの人間から高い支持を受け、爆発的な人気を巻き起こしました。

さらに、AGA治療薬である『プロペシア』の主成分『フィナステリド』に続き、正式にFDA(アメリカ食品医薬品局)から薄毛治療薬として認められたことから、さらに人気が白熱。開発国であるアメリカを中心に、瞬く間に世界中にその名が知られることとなりました。

日本も例外ではなく、ミノキシジルの薄毛治療効果を求めて、多くの方が個人輸入によってロゲインを入手するようになりました。

この人気を受け、1999年、日本で初めてミノキシジル配合の『リアップ』が大正製薬より販売。

これが大きな反響を呼び、メディアなども大きく取り上げたことから、発売当初は常に品薄状態が続くこととなりました。

現在でも、ロゲインやリアップをはじめとするミノキシジル系発毛剤は非常に高い人気を誇り、AGAなどの薄毛に悩む多くの方から愛用されています。


ミノキシジルの効果

安心

 ミノキシジルには頭皮に塗布したり内服したりすることによって、頭皮の血管を拡張し、血行を促進する作用があります。

ミノキシジルを使用すると


 ○ 血管拡張
 ○ 血流増加
 ○ 毛乳頭がより多くの栄養分を吸収
 ○ 毛母細胞が受け取ったエネルギー量に比例して活性化

というプロセスをたどり、毛根の発毛力を向上させる仕組みになっているのです。
以上のことから、ミノキシジルは発毛メカニズムに即した有効性の高い発毛成分であるといわれています。

 低価格で安心、ミノキシジル個人輸入代行サービスは医薬品個人輸入代行オオサカ堂


ミノキシジル配合薬の種類

安心

 ミノキシジルで最も一般的なのは、リアップやロゲインなどのローションタイプです。手軽に使うことができますが、汗で流れやすいのが難点です。




(ヤマト便)ジェンヘアー ミノキシジル5%ローション(Genhair M5) ミノキシジル5%+アゼライク酸2%+αローション [NR-07] ロゲイン5%
女性用ロゲイン2%

 他に、錠剤タイプのミノキシジルもあります。ローションタイプが肌に合わない、汗をかく職業をしている、毎日数回の塗布が面倒、などという方に好まれています。
ミノキシジルタブレット10mg
ミノキシジルタブレット5mg


プロペシア(フィンペシア)との併用で効果向上

安心

 ミノキシジルは単体でも薄毛治療に有効な医薬品ですが、その効果をさらに倍増させる方法があります。

 それは、同じく薄毛治療に有効な成分『フィナステリド』を含む医薬品と併用することです。

 フィナステリドはミノキシジル同様、FDA(アメリカ食品医薬品局)から正式にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認められている成分です。

 フィナステリドを服用すると、AGAの主原因とされる『ジヒドロテストステロン(DHT)』を生成する『5α-リダクターゼ』の働きを阻害することができます。

 血中のDHT濃度が高ければ高いほどAGAの症状が進行するので、フィナステリドでDHT生成を抑制すれば、効率よく抜け毛を予防することができます。

 実際、フィナステリドを服用した方の9割以上がAGAに効果的であったと報告されており、3年以上の服用で8割近い方が増毛効果を実感しています。

 フィナステリド含有の医薬品としては日本の医療機関でも処方している『プロペシア』や、プロペシアのジェネリック医薬品である『フィンペシア』などが代表的な存在となっています。  


 低価格で安心、フィナステリドの個人輸入代行サービスは医薬品個人輸入代行オオサカ堂
プロペシア(イギリス版)1mg
フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ


ミノキシジルの副作用

安心

 ミノキシジル系発毛剤『リアップ』の開発元である大正製薬は、リアップ発売にともない、臨床試験を行いました。

その結果、ミノキシジル1%濃度では全体の5.3%の被験者に、5%濃度では全体の8.7%に副作用の発症が見られたと報告されました。

副作用の症状は大きく3つにわかれ、最も多かったのは接触皮膚炎、つまり頭皮のかゆみやかぶれといった症状であり、次いで湿疹、脂漏性皮膚炎と続いています。

臨床試験ではこのような結果になりましたが、このほかにも、まれに頭痛や全身の発汗、むくみなどの症状が現れることが報告されています。

ただし、リアップの臨床試験からもわかるとおり、全体的な副作用発症率はきわめて低く、9割以上の方は問題なく使用できていることから、比較的安全な医薬品の部類に入ると言えます。


ミノキシジルの使用を控えた方が良いケース

安心

ミノキシジルは、健康な方が用法・用量を守って使用する分にはさほど問題のない医薬品と言えますが、健康状態によっては使用を控えた方がいい場合もあります。

たとえば、高血圧症として治療を受けている方や、もとから低血圧の方は要注意です。

なぜなら、高血圧症の治療を受けている方が処方薬とミノキシジルを併用してしまうと、血圧が急激に下がりすぎるおそれがあるからです。

同様の理由で、もとから低血圧の方が使用すると、血圧が下がりすぎてしまう危険性があるので、高血圧・低血圧の方がミノキシジルを利用する場合は、事前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

また、お腹に赤ちゃんのいる妊婦の方や、母乳をあげている方は、母胎や母乳を通して胎児に医薬成分が吸収される可能性が指摘されています。

これまで、ミノキシジルによる胎児への重篤な影響は報告されていませんが、妊娠中や母乳育児中の方はミノキシジルの利用は避けた方がよいでしょう。



フィンペシア.comフィンペシア.com