本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

ジェネリックとはgeneric

ジェネリック医薬品とは?

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬の独占販売期間(有効性/安全性を検証する再審査期間及び特許期間)が終了した後に発売される、新薬と同じ有効成分で、新薬に比べて価格が安い医薬品です。


しっかり品質が保障されています

安全

 ジェネリック医薬品は、薬事法のもと、さまざまな規制・基準を遵守して開発・製造・販売されており、その品質保証基準は新薬と同等で、ジェネリック医薬品の有効性・安全性は実証済みといえます。


新薬よりも改良が進んでいる場合もあります

安心

 ジェネリック医薬品によっては新薬とまったく同じではなく、飲みやすさや副作用を抑える工夫などの改良がさらに進んでいる場合もあります


開発コストがない分、安いのです

安心

 新しい薬を開発するには、年月もお金もかかります。ジェネリック医薬品は開発費がかかっていない分、安い価格にすることができるのです。

 例えば高血圧症の治療薬を毎日服用している場合、薬をジェネリック医薬品に変えることで、年間16,425円も安くなるなど、薬代に大きく差が出ることもあります(3割負担の場合)。

様々なジェネリック」もご覧下さい。


ジェネリック医薬品切り替え時の注意点

新薬とは異なる副作用が出る場合があります

安心

 ジェネリック医薬品は新薬とほぼ同等といわれていますが、まったく同じというわけではありません。薬には有効成分以外に、ある一定の範囲内で保存料や着色料などの添加物が含まれており、この部分は各製造会社により異なるためです。

 効果や副作用の現れ方が異なることもまれに起こる可能性もあるので、その場合には医師や薬剤師に相談して下さい。

 なお、すべての病気および新薬に対して、ジェネリック医薬品があるわけではなく、また病気によって気は切り替えができないこともあり、調剤の技術料は変わりません。詳しくは医師・薬剤師にご相談下さい。



フィンペシア.comフィンペシア.com