本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

フィンペシアとはfinpecia

フィンペシアとは?

 フィンペシアとは、AGA(男性型脱毛症)に有効な飲む育毛薬で、プロペシアと同等の効果を持つジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品であるため開発費が掛かっておらずプロペシアよりも安い価格で販売されています。

 フィンペシア、プロペシアはともにAGAに有効な成分「フィナステリド」を1mg含んでいます。フィナステリドは「男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)」において、最も効果が高い(A評価)治療法の1つとして認められています。(A評価の治療法は2つしかなく、もう1つは育毛剤で有名なミノキシジルです。)

 現在、日本国内ではプロペシアしか手に入れることができませんが、プロペシアは1錠250円と高価なため、ジェネリック医薬品であるフィンペシアを個人輸入で入手する人が増えています。

(関連ページ:[プロペシアとは][ジェネリック医薬品とは][男性型脱毛症診療ガイドライン][フィンペシア通販])


フィンペシアの効果

安全

 日本薬剤師会の鑑定の結果、フィンペシアに含まれている成分は、プロペシアとほとんど同じで、厚生労働省認可のプロペシアに含まれているのとほぼ同量のフィナステリドが含まれていることがわかっています。

 フィンペシアには、U型の5αリダクターゼ酵素を抑制することで、発毛を阻害する成分であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぎ、AGAによる抜け毛を予防する効果があります。頭頂部、および生え際の薄毛に効果的です。

(関連ページ:[プロペシアとは][低価格なAGA治療法][アボダートとは])


フィンペシアの副作用

安心

 フィンペシアを服用することで生じる副作用は、プロペシアと同様、多くが性機能関連の副作用です。

 具体的には、性欲減退や勃起不全(インポテンツ)、精子の減少などですが、特に重篤なものはなく、軽微なものです。

 また、妊娠中の女性がフィナステリドを服用した場合、胎児に障害が出る確率が高くなるため、女性がフィナステリドを服用することは禁止されています。ですので、同居しているご婦人が妊娠されているなどの場合は、男性も十分注意して取り扱うようにして下さい。

(関連ページ:[プロペシアとは])


フィンペシアと発がん性の問題

安心

 一部のフィンペシアには、キノリンイエローという着色成分が含まれています。キノリンイエローは、長期的に服用すると発がんの恐れがあるとして、日本では規制されています

 ですが、製造されている全てのフィンペシアにキノリンイエローが含まれているわけではありません。フィンペシアを購入する場合は、キノリンイエローを使用していないフィンペシアを選ぶようにすれば安心です。

 (こちらのフィンペシアはキノリンイエローが不使用となっていますので安心して使用できます。)


フィンペシアの偽物

安心

 フィンペシアの製造元はインドでトップクラスの製薬メーカー『シプラ(Cipla)社』で、その品質は折り紙付きです。ですので、シプラ社以外で製造されたフィンペシアの偽物を買わされないように、信頼できる輸入代行サービスをみつけることが大切です。


 当サイトでは個人輸入代行サービスの医薬品個人輸入代行オオサカ堂をお勧めしています。オオサカ堂は薬剤の成分調査を行うなど、品質に関しても信頼のおける輸入代行サービスです。
(当サイト管理人もオオサカ堂を利用していますが、私の都合で商品のキャンセルを行った時でも、丁寧に対応して頂くなど、安心して利用できるのでお勧めです。)

フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

フィンペシア.comフィンペシア.com