本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

アボダートavodart

アボダートとは

 アボダートは英国グラクソ・スミスクライン社で開発された薬です。もともとは前立腺肥大症の薬として開発されました。2001年に米国、2002年に欧州承認、そして2009年日本の厚生労働省の認可を得て今では世界で290万人の患者様に使用されている薬となっています。


アボダートの効果


 そして近年、このアボルブの有効成分デュタステリドに、AGAの原因物質である男性ホルモン(テストステロン)を抑制する効果があることが発見され今では、プロペシアの有効成分フィナステリドよりも効果的に男性ホルモンを抑制することが米国皮膚科学会で発表された論文などで証明されています。
 国内第2相試験においても、アボダート0.5mgの投与開始から2週間後の血中DHT濃度は87.5%減少したと報告されており、高い効果が伺えます。


デュタステリドとフィナステリドの違い


 AGAの原因物質であるDHT(ジヒドテストステロン)の産生を手伝う5α還元酵素はI型とU型の2つの型があります。フィナステリドは5α還元酵素U型のみに作用し、この働きを抑制します。しかしT型については抑制効果はありません。
 一方のデュタステリドは5α還元酵素T型及びU型に作用し、この働きを抑制します。


アボダートの副作用


 アボダートは医薬品なので、服用に際しては副作用症状に気をつける必要があります。

 主な副作用症状はフィナステリド配合薬と似ており、性欲の減退や勃起不全、頭痛、消化不良、めまいなどの症状が主なものとなっています。

 気になる副作用症状があらわれた場合は使用を中止し、ただちに医療機関を受診するよう心がけましょう。


アボダートの通販

アボダートはこちらから購入できます → 【アボダート(デュタステリド)


アボダートのジェネリック


 非常に効果が高いアボダートですが、価格が非常に高いということが、使用を控える原因となっています。そこで現在注目を集めているのが、同じ成分を配合したジェネリック医薬品『デュタス』です。

関連ページ:[デュタスとは]



フィンペシア.comフィンペシア.com