本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

AGAガイドラインguideline

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

 男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)は、AGA(男性型脱毛症)の治療法を、A、B、C1、C2、Dの5段階で評価したものです。長年にわたり蓄積された国内外の論文や臨床実験データをもとに、あらゆる治療薬や育毛剤の成分が分析されました。
 フィナステリド内服とミノキシジル外用は、ともにA評価を受けており、有効性が高いと認められています。

治療方法 推奨度
フィナステリド内服
(フィンペシアプロペシア etc)
男性 行うよう強く勧められる A
女性 行わないよう勧められる D
ミノキシジル外用
(リアップ・ロゲイン etc)
男性 行うよう強く勧められる A
女性
塩化カルプロニウム外用
(カロヤン etc)
男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
t-フラバノン外用
(薬用バイタルチャージ etc)
男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
アデノシン外用
(薬用アデノゲン etc)
男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
サイトプリン・ペンタデカン外用
(薬用毛髪力 etc)
男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
ケトコナゾール外用
(ケトコナゾールシャンプー etc)
男性 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない C1
女性
セファランチン外用 男性 根拠がないので勧められない C2
女性
植毛 自毛 行うよう勧められる B
人工毛 行わないよう勧められる D

分類内容
A:行うよう強く勧められる 有効性を示す質の高い根拠が1つ以上ある。
B:行うよう勧められる 有効性を示す質が中程度の根拠が1つ以上ある。
C1:行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない 有効性を示す質の劣る根拠が複数ある。
C2:根拠がないので勧められない 有効性を示す根拠がない、または無効と示す根拠がある
D:行わないよう勧められる 無効または有害であることを示す質の高い根拠がある


フィンペシア.comフィンペシア.com