本文へスキップ

薄毛に有効なジェネリック医薬品「フィンペシア」のことなら

AGAとはgeneric

AGAとは?

 AGA( エージーエー)とは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症をいいます。
一般的には、思春期以降に発生することが多く、額の生え際や頭頂部周辺の毛が薄くなり、脱毛が進行します。
進行の程度は人によって異なり、前頭部や頭頂部、どちら化が進行する場合も、両方薄くなる場合もあります。
AGAで悩む人は、現在全国で1,260万人ともいわれています。

 AGAの厄介なところは、進行型の脱毛症というところです。何も手を施さずにいると、前頭部、頭頂部の脱毛発症部位は必ず進行をしていきます。 しかし、現在では頭髪の悩みに答える専門外来もありますので、先ずは医療機関に相談をすることがよいでしょう。


AGAの原因

安全

AGAの主な原因は男性ホルモン

 AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモンです。男性ホルモンは5αリダクターゼという還元酵素の働きで、*DHTというホルモンに変換されます。

 AGAでは、脱毛部分の頭皮に多量のDHTが確認されています。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまいます。そのため毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまいます。十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになります。
 また、ストレスや睡眠、食事のアンバランスや、喫煙もAGAの原因になるといわれています。

※DHT:ジヒドロテストステロン
DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なる働きをします。胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、AGA、ニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こします。


AGAの症状

安心

 
 AGAは、思春期以降の男性に生じ、前頭部の髪の生え際の後退、あるいは頭頂部の髪のボリュームの低下によって地肌が見えやすくなる症状が最も典型的です。


○ AGAの主な症状

  1. 抜け毛が多い
  2. 毛が細くなった
  3. 毛が伸びない
  4. 地肌が透けて見える
  5. 髪のセットがしづらくなった
  6. 頭皮が脂っぽい
  7. 髪が少なくなることが不安である


フィンペシア.comフィンペシア.com